« 検索エンジン | トップページ | ワイヤレス・マウス »

2005年7月14日 (木)

感謝されるということ

ご高齢の患者様で、喘息の発作で苦しんでおられる方に、吸入薬の使用方法を長い期間に渡って説明してきました。

最初のうちは器具の使い方が、うまく行かず、吸い込む強さやタイミングも合わず、当然効果もあまりありませんでしたが、最近になって正しく服用できるようになりました。

患者様から「お蔭様で大変、楽になりました。ありがとうございました。確かに咳の回数も減ってきましたし。」とおっしゃって頂きました。

急性疾患の患者様の場合だと、良くなれば来店されなくなりますから「来られないことが、病気が良くなった証明」みたいな感じでおりますが、今回の患者様には直接感謝の言葉をかけて頂きました。

もちろん私たちは業務として、患者様に接しているわけであって、感謝して欲しくて、やっているわけではないのですが、やはり私たちも人間ですから感謝されると、達成感というか、やる気というか、明日に向かう意欲がわいてくるものです。

7月 14, 2005 at 10:23 午後 仕事・会社 |