« 免許更新 | トップページ | 在宅介護 »

2005年9月26日 (月)

健康法

ビデオに取っておいた「スーパードクター」という番組を見ました。

各分野で、世界的に有名な医師が何人か登場する番組です。

その中で最初の方がおっしゃっていた「力の限り、忙しく仕事をすることが、一番の健康法です」という言葉に共感しました。

彼は忙しすぎて、食事も1日1食、休日も休暇も休憩もなし、家族とは半年に一回ぐらいしか会えないのだそうです。

時間がないので、髪を散髪するのも自分でやるのだそうです。

毎日、午前6時半に起床し、夜10時ぐらいまで仕事をしている私は、自分では「働いている人」のうちに入っていると思っていましたが、とてもとても、そんなことが言えるレベルではないのだと、反省しながら見ていました。

どの仕事でも、社会や組織の中で、必ず必要なものだと思います。一所懸命にやれば、必ず認められるものだと思います。

元気をもらった気がします。

9月 26, 2005 at 11:45 午後 仕事・会社, 映画・テレビ |