« 大掃除 | トップページ | 強風 »

2005年12月12日 (月)

薬学教育6年制

来年(平成18年)の入学生から、薬学部の卒業年限が今までの4年から6年になります。

最短でいっても24歳で卒業することになります。

薬剤師には女性が多いイメージがありますが、6年制になることで多少は男性が増えるかも知れません。もしかしたら、いまどきですから、あまり変わらないかも知れません。

教育内容は、今までより臨床医療に力を入れるそうなのですが。。。

でも大学という組織で、どうやって臨床に力を入れられるのか不安があります。

病院実習や薬局実習を増やすそうですが、そんなことぐらいでは、あまり向上しないと思います。

病院や薬局といってもいろいろあり、忙しい現場では学生に教えているヒマなどないところが多いでしょうし、実習機関に名乗り出ている医療機関の中には「実習を受けられる学生さんは、さぞかし気の毒だろう」みたいなところも見受けられます。

これから各大学で、具体的なカリキュラムを考えるのでしょうけど「お手並み拝見」といったところです。

ともあれ、レベルの高い薬剤師が増えてくれるのなら大歓迎です。

12月 12, 2005 at 11:37 午後 学問・資格 |