« 説明会 | トップページ | ワックス »

2006年3月27日 (月)

人工呼吸器

射水市民病院の「人工呼吸器取り外し問題」について「崇高なる尊厳死」か「消極的安楽死」かで、見解が分かれているようです。

末期症状を示している患者様に対して、ご家族は患者様が生存なさっている時には「苦しんでいるのは可哀相なので、楽にしてあげたい」と言っていても、いざ亡くなってみると「もっと生きていて欲しかった」となることもあるのではないのでしょうか?

そもそも「尊厳死」には確実な定義がありませんし、欧米の一部では「安楽死」が認められていますが、日本では法律上認められていません。

日本では、このような話題自体をタブー視する傾向があり、なかなか議論が進んでいないのが現実のようです。

今後も注視していきたいと思います。

3月 27, 2006 at 10:29 午後 ニュース |