« ヤモリ | トップページ | スポーツ選手 »

2006年5月11日 (木)

24時間

在宅で療養を続けていらっしゃる患者様の中のお一人の方の容態が芳しくないようで、先ほど、近くの医院さんから電話があり、麻薬を調剤するために出勤してきました。

普段から思っていることなのですが、在宅で療養されている患者様は、ある意味「幸せ」だと思います。

患家に訪問させていただいていて、とても「大事にされている」・・・と感じます。

正直、ご家族の負担は大変なものに見受けられますが。。。

もちろん、どんなに自宅で面倒を見たくても、諸事情によって見られず入院していただくしかなかったり、施設で介護をしてもらう必要が生じている場合もあるでしょうから、在宅療養でない患者様が大事にされていないとは思っていません。

そんな患者様がいらっしゃる以上、私たちは、24時間対応する必要があります。

そうは言っても、私たちも人間なので「常に、全てに」対応することは事実上不可能なのですが、できる限り、深夜であっても頑張って対応してまいりたいと思っています。

5月 11, 2006 at 11:09 午後 仕事・会社 |