« 互角 | トップページ | お盆休み »

2006年8月 3日 (木)

疑念

昨日の「亀田興毅」世界戦の微妙な判定をめぐって疑念が生まれているようです。

私はテレビの中継映像を最初から最後まで見ましたが、その中で示されたルールでは、1ラウンドごとにポイントを採点し、最後に3人の審判がそれぞれの判定を投票して決定するということでした。

翌日のワイドショーでは、1ラウンド目にダウンを奪われた場面が何度も強調されていたので、全てにおいて劣勢に進んでいたのに「勝ってしまった」という雰囲気で報道されていましたけど、その後の1ラウンドごとの「優勢・劣勢」という審査では、どっちがはっきり優勢という具合ではなかったように思います。

もちろん、この分野のプロではないので、よく分かりませんけどね。

その中で、私見を敢えて言うなら亀田は「僅差で敗北」だったと思います。

試合後の第一声「どんなもんじゃぁ~」には、がっかりしました。

それほどの試合ではなかったような・・・。

この一言で彼は、ただの「ヤンキー」になり下がってしまいました。

でも、公式ジャッジが判定したのだから「世界チャンピオン」なのでしょうけど。

8月 3, 2006 at 11:53 午後 スポーツニュース |