« 盆休み | トップページ | 平常 »

2006年8月15日 (火)

分解掃除

今日も一人で出勤しています。

ドモホルンリンクルのCMではありませんが、弊社でも毎日、薬を分包したり、薬袋を作成したりする機械を分解して掃除しています。

20060815 今日は、時間があるので写真を撮ってみました。

これは、コンピューター制御で錠剤を自動的に朝なら朝の薬包紙の中、昼なら昼の薬包紙の中に錠剤カセットから自動的にタイミングを合わせて落とし込んでいく、「すべり台」のような部分です。

錠剤の種類によっては、落ちていく途中でほんの少し「粉を吹く」薬品があります。

脆い構造の薬剤に、このような現象が起きることがあります。

この、ほんの少しずつの「粉」が、すべり台の途中に溜まると、すべり抵抗が増えて、うまく落ちなくなることがあります。

これを防ぐためには、粉が溜まる前にすべり台を清掃しておく必要があるわけです。

この機械は、これ以外にも「錠剤が正常に通過したかをチェックするセンサー」「散剤を1包ずつ均一に落とす装置」、きちんと清掃しておかないと、正常に動かなくなる可能性のある装置がたくさんあります。

この機械は、40くらいの部分に、バラバラに分解して清掃しています。

機械の清掃をして、かつ出来上がった薬剤を人間の目で細かくチェックする。

当たり前のことですが、同業者の中でも、きちんとやっていないところが多いのが現実です。

部品に薬剤がこびりついてしまって、動かなくなったり、こびりついた薬剤をドライバーなどで無理やり削って部品に傷が付き、ますます、こびりつきやすくなってしまったり。。。いろいろ聞きますね。

毎日、きちんと整備すると、そんなことしなくても「ピカピカ」のままなんですけど。

8月 15, 2006 at 11:54 午前 仕事・会社 |