« 心配 | トップページ | 取越し苦労 »

2006年9月16日 (土)

ダブルブッキング

両親とバンコクで落ち合うために関西空港に来ています。

両親とは、明日の夕食を一緒にとる予定になっていまして、両親の方は、パックツアーなので、あと数日「遺跡めぐり」を続け、私は明後日(18日)銀行に寄ってから急いで帰国します。

ただ、台風が接近していて18日ぐらいが関空に最接近する予報になっています。

会社の方は連休の間の繁忙期にあたり、何が何でも、19日の朝には、会社に居ないといけませんので、とりあえず本来の12時30分発の便が欠航した場合に備えて、23時59分発の便も予約しています。

航空会社の嫌う「ダブルブッキング」です。

どうして航空会社にとって迷惑かと言うと、当然のことながらどちらかは「確実」にキャンセルになるわけで・・・・・・。

普段はこんなことはしないのですが、あまりに不安なので航空会社には悪いのですが、やってしまいました。

これでも仮に23時59分の便に乗った場合、到着は翌日(19日)の朝になるので、高松まで急いで帰っても昼前になってしまいます。

最悪のケースに備えて、社内のローテーションをやり繰りして、私が開店時間に間に合わなくても患者様に不都合が生じないように対策を講じてはいますが、私が予定通り帰るのが一番良いわけで。

そこで他社便も調べておきました。

シンガポール航空のシンガポール経由だと、やはり到着は翌日朝になってしまいダメ。

キャセイパシフィック航空の香港経由便なら経由のロスタイムを考慮しても、当日中に帰国することが可能なようです。

これでもダメなら、今度は成田着や名古屋着の便を検索するつもりです。

可能な限り「転ばぬ先の杖」を講じて、とりあえず行ってきます。

9月 16, 2006 at 10:36 午後 旅行・地域 |