« じんましん | トップページ | パンデミック対策 »

2007年1月28日 (日)

重油

海外に旅行に行くときには、いつも関西空港を利用していますが、高松から関西空港に行く方法には、いくつかありまして、、、

1.直接、車で関空まで行く。

2.高松駅からJRで行く。

3.高松中央インターからバスで行く。

4.淡路島の洲本まで車で行って、高速船で関空に渡る。

最近は、時間的に大丈夫なら「3」の高速バスで行っています。

乗り換えも必要ないし、国際線出発の前まで直接行けますので。

ただ、高松からの最終のバスが出るのが、14時22分ですので、これより遅くなると淡路島から船で行くのが時間的にも料金的にも体力的?にも便利です。

洲本港からの最終便の出航時刻は、20時50分ですので、これまでに洲本にたどり着いていれば50分で関空に直接乗り入れることができます。

仮に洲本から、関空まで車で行くと、2時間以上は掛かりますので船の方が断然早く着きます。

料金も、洲本-関空の往復で4000円ですし、7日までの駐車であれば無料で洲本港に停めておく事ができます。

ですが、、、、、、、

旅客の減少と、重油の高騰によって、4月1日から運休していまうことになってしまったようです。

原油の影響は、こんなところにも出てくるのですね。

営業努力もかなりやってくれていて、あらかじめ電話しておくと運行状況に変更が出たような場合に、すぐ電話をくれますし、窓口や船員の方の応対も良く、喜んで利用していたのに残念です。

いつもは最終便を利用していましたが、旅客が4~5人しかいなくて「大丈夫なのかな・・・」と思ったことはありましたが。。。

1月 28, 2007 at 01:53 午後 旅行・地域 |