« 重油 | トップページ | 輝き »

2007年1月29日 (月)

パンデミック対策

宮崎県に続き、岡山県でも「高病原性・鳥インフルエンザ」が検出されたようです。

正に、突然変異の直前まで来ているような気がします。

数日前に厚生労働省からウイルスが変異し「国内で人から人へ感染」が発生した場合の対策「パンデミック対策」が決定されたばかりです。

これによると、最初にプロトタイプ・ワクチンを医療従事者に接種し、次に社会機能維持業務者(水道や電気、ガスの供給業者)に接種することになっています。

もし、このような事態になったら、私どももワクチンは接種してもらえそうですが、家族にうつしてしまう心配があるために、自宅に帰れなくなるのでは・・・と心配しています。

一人暮らしの私は、帰っても二次感染は起きなさそうですが。。。

ワクチン接種も、治療薬(タミフル)投与の優先順位も決まっているようですが、本当に発生してしまったら、段取りどおりに出来るのでしょうか。

私的には、こんなのでは対策不十分だと思います。

大発生が起きないことを祈るしかありません。

1月 29, 2007 at 10:52 午後 ニュース, 仕事・会社 |