« トップ会談 | トップページ | 東京マラソン »

2007年2月18日 (日)

イマージョン教育

テレビで「イマージョン教育」( total-immersion )について報じていました。

小学生が、国語と社会科以外の全ての科目の授業を英語で行っているもので、驚くほど「ネイティブ」に近い発音で話していました。

もちろん教師も「ネイティブ・スピーカー」です。

世界で、日本のように1ヶ国語しか話さない民族は少なく、ほとんどの国の人々がバイリンガルであることを考えるなら、このような教育法も「あり」かな・・・と思いますが、日本語すら正しく話せない国民が多いことを考えると疑問も残ります。

先日来、履歴書を見る機会が多いのですが、その中には、とても面接する気にならないような「日本語」もいくつかありました。

もちろん返送しています。

正しい日本語表記ができないために、就職の第一関門を通過することができないのなら、外国語どころではないように思います。

テレビ報道の中では、イマージョン教育を行っているような学校に行っている生徒ぐらいなら日本語の水準も高く、特に問題にすべきことではないように報じていました。

さて、、、どうなのでしょう。

私が子供の頃には、英会話教室というのは存在しましたが、学校では日本人の英語教諭の「ジャパニーズ・イングリッシュ」というか「カタカナ英語」が普通で、正しい発音とは程遠く、欧米人が絶対に話さないような、数学的とも言える難解な英文法を教わりましたし、それが試験に出ますから、それこそ数学的に理解しておくしかありませんでした。

簡単な例で言うと、現代の英語教育でも、まだ行われているかどうかはわかりませんが、例えば・・・

must と have to の言い換え問題

単純に(  )で括っているところを書き換えるような問題で(  )が一つなら must 、(  )(  )となっていたら have to と入れると正解。。。みたいな。

確かに日本語にすると「~しなければならない」となりますが、片方は命令に近く、他方は必要性を感じていることから微妙にニュアンスが違います。

must に過去形がないことからも、わかります。

確かに近い表現であり、どちらを使っても良い場合も多いですが、完全に同一の表現ではありません。

このことは、大西泰斗/ポール・マクベイ著「ネイティブスピーカーの英語感覚」という本にも記されています。

それにしても、テストではこれを入れないと正解にはなりません。

これは、40を過ぎて、まだ英語で難儀している私だけの「ひがみ」なのでしょうか。。。

2月 18, 2007 at 11:38 午前 ニュース学問・資格 |