« 啓発 | トップページ | 禁煙・分煙施設 »

2007年11月 6日 (火)

在宅患者様の中には犬を飼っていらっしゃる方が、結構いらっしゃいます。

「ヒーリング・アニマル」的な効果もあるのでしょう。

 

一軒、大きな黒いシェパードを飼っておられる方がおられます。

おじいさんと、おばあさんの2人暮らしで、おばあさんが寝たきりに近い状態です。

おじいさんはお元気で農業を営んでおられます。

いつも私が行くと、犬が凄い勢いで吠えて、犬は犬なりに「番犬」であることを主張しています。

今日も、吠えていましたが、ちょうどおじいさんが犬の側におられまして、犬に説教をしているのが聞こえました。

「こら、何を吠えよんじゃ。

薬を届けにくれとるんじゃけん、吠えるんじゃない。

吠えるんじゃなくて、ありがとう  と言うんじゃ。

ほな、早よう、ありがとう と言わんか。」

 

 

お気持ちは、ありがたいのですが、それは無理。。。というものでは。。。

11月 6, 2007 at 10:41 午後 仕事・会社 |