« 地球温暖化 | トップページ | ブルーインパルス »

2008年4月10日 (木)

保険証未着問題

後期高齢者医療保険証が、まだ届かないか、誤って捨ててしまったとかで、保険証を持ってこられない患者様が結構いらっしゃいます。

中には、親戚に不幸が出来て、そちらにしばらく居る間に自宅の方に配達記録で送付され、保管期限が切れて役所に戻ってしまったケースもあります。

保険診療のルール上は、一旦自費(全額)負担していただき、保険証をお持ちいただいた時点で払い戻すようになっていますが、弊社では、普段から来られていて面識のある患者様には、本来の割合で頂き、今月中に保険証をお持ちいただく方法をとっています。

実際問題、全額というと、1割負担の方の場合、10倍になってしまいますから・・・。

今日、テレビのニュースで「当分の間、旧保険証で原則1割で診療が受けられます」と報じていました。

我々が知ったのは、「テレビのニュース」です。

事前に役所からの連絡はありませんでした。

ちなみに、今もありません。

政治家の人気取りなのか、それとも「行き当たりばったり」なのか、とにかく酷い状態です。

店舗で使用しているコンピューター、(レセプトコンピューターといいます)は、旧保険証の番号を入力すると、「期限切れなので使用できません」というエラーメッセージを発します。

当たり前のことですが。。。

さきほど警告メッセージが出ても、強制的に入力できることは確認しましたが、75歳以上の方に制度を徹底させるのに時間がかかることは、あらかじめ分かっていたはずです。

行政には、もうちょっと「マシ」な対応を期待します。

せめて、私たちが「ニュース」を見て驚くことの無いように。。。

4月 10, 2008 at 09:46 午後 ニュース, 仕事・会社 |