« プラネタリウム | トップページ | 満腹 »

2008年5月23日 (金)

医師不足問題

全国的に、産科・小児科の医師が不足しています。

プラム調剤薬局の近くにも総合病院がありますが、数日前から小児科の診療を休止してしまいました。

救急指定病院で救急車も受け入れている病院なのですが、小児の救急患者の受け入れも休止しています。

テレビなどで「救急車タライ回し」が問題になっていますが、現実的に受け入れる医療機関が減っていることも要因なのだと実感しました。

薬局の隣の医院さんは、内科と小児科を標榜しているのですが、総合病院の小児科診療休止に伴って、患者様が急増しています。

今日も、帰ろうとしていると救急車がやってきていました。

私は帰り道、在宅患者様のお宅に訪問する予定が入っていたので、気になりましたが、そのまま向かいました。

一応、年内は休止で、再開自体も不明とのことなので、なんとかしないといけません。

医院さんの患者様が増えると、処方箋も増えるわけで、私どもも全力でやっていますが、私たちも人間である以上、限界はあります。

できるだけ、お待たせしないように頑張っていますので、よろしくお願いします。

5月 23, 2008 at 10:32 午後 仕事・会社 |