2009年5月29日 (金)

モラル・ハラスメント

知り合いの方から、ある話を聞きました。

女性の方なんですが、配偶者から「モラル・ハラスメント」を受けて離婚されたそうです。

 

恥ずかしながら、私はこの「モラル・ハラスメント」という言葉は初めて聞きました。

いわゆる「精神的DV」ということなんだそうです。

 

さっそく、アマゾンで「ポチッ」と入手してみました。

1

そもそも家庭がない(寂)、私には関係がないことなんですが、読んでみます。

5月 29, 2009 at 09:31 午後 書籍・雑誌 |

2009年3月22日 (日)

久しぶりの読書

暖かくなってきて殺人的スケジュールから、少し解放されつつあります。

 

久しぶりの休日ですが、天気は雨

読書をして過ごしました。

1_2

むごい話でした。

書かれていることが本当だとしたら、絶対に許されないことだと思います。

3月 22, 2009 at 07:50 午後 書籍・雑誌 |

2008年1月29日 (火)

歴史

テレビで宣伝していたので・・・

20080229

学生のころから歴史は苦手でした。

昔、何年に何があったか、、、なんてことを知っていても仕方がないと思っていまして。

試験のためだけに覚えていました。

 

最近になって、昔の事を知るのが面白くなってきました。

昔があるから、今がある。。。みたいな。。。

1月 29, 2008 at 11:11 午後 書籍・雑誌 |

2007年6月 5日 (火)

リサイクル

ベストセラーになっている本を読んでいます。

20070604

リサイクルするにも資源が多くかかり、エコという大義名分を果たすために多くの資源が無駄になっていることを説いています。

リサイクルしないほうがエコであることもあるのだと。。。

先日のテレビ番組にも、この本の著者と、反対意見を持つ大学教授が出演し議論していました。

どちらの意見が正しいのかは、解釈の仕方によって何とも言えませんが、、、

このまま行くと、今世紀中には石油資源が地球上から枯渇してしまう事態に陥るそうです。

きちんと考えていく必要がありますね。

6月 5, 2007 at 10:21 午後 書籍・雑誌 |

2007年4月 1日 (日)

鈍感

渡辺淳一著の「鈍感力」を読みました。

20070401

小泉前総理大臣が記者に述べたことで有名になった書物ですが、その前から書店で見かけていました。

その時は、新書コーナーの片隅に置いてあっただけでしたが、先週には何列も平積みで200冊ぐらいは置いてありました。

計らずも「大宣伝」になってしまったようです。

しっかり買ってしまった私です。

内容はといえば、のんびり構えることも必要ということは理解できましたが・・・。

4月 1, 2007 at 11:18 午後 書籍・雑誌 |

2007年3月21日 (水)

数学的道徳論

ベストセラー、「国家の品格」を読みました。

だいぶ前に購入していたのですが、なかなか読む時間が取れなくて・・・。

今になって「やっと」という感じです。

20070321

著者は数学者ということもあって、極めて論理的な道徳書だと思います。

今の日本に失われつつあるもの、これからの日本に必要な考え方が、理路整然と記されています。

共感を得ることができました。

3月 21, 2007 at 07:33 午後 書籍・雑誌 |

2007年2月24日 (土)

ホスピタリティ

スターバックス「大解剖」という本を買いました。

20070224

スタバの歴史から、カスタマイズ・メニューまで、いろいろと書かれていて、なかなか面白く読ませてもらいました。

私が最初に「スタバ」に行ったのは、まだ日本にスタバかなかったころに、アメリカ・オレゴン州ボートランドで行きました。

現地在住の友人に連れられて行き、メニューもシステムも良く分からず、確か友人と同じ「アイスカフェ・モカ」を頼んだように思います。

日本にはないスタイルで、アメリカンチックな感じで好印象でした。

それからは、アメリカに行く度にスタバを探して入ったりしていて、ニューヨークのタイムズスクウェアで、すごく寒い日に「トール・ラテ」を買い、白い息を吐きながら、ミュージカルの入場待ちをしていた日にゃぁ、ちょっとした「プチ・ニューヨーカー気分」だったのを覚えています。

スタバが日本に出来ると聞いたとき、日本には「喫茶店」という独特のスタイルがあり、日本では受け入れられないのでは・・・・・・・と思いましたが、見事に期待を裏切り、今では全国に666店舗もあるそうです。

今も、割りにスタバは良く利用しますし、自宅で飲むコーヒー豆もスタバで購入しています。

 

さて、、、、、、

この本の中で、お客様をもてなすための「サービス」はマニュアル化できるが、くつろぎを与えるための「ホスピタリティー」はマニュアル化できない。

と書かれてありました。

確かに、文字で教えることもできませんし、やはり個人個人でお客様を思いやる「気持ち」を鍛えることが一番大切なのでしょうね。

実際、私共も店にいらっしゃる患者様に対して、文字に出来ない「気持ち」を持って接しているつもりです。

ちょっと内容を書こうとしたのですが、同業者も沢山ご覧になっているブログということもあって詳細は控えることにしますけど。。。

私共の「企業秘密」ということで・・・。

この本を読んで、他の企業もそれぞれに頑張ってるのだと感じ、改めて、心を引き締めて患者様に接してまいりたいと思っています。

2月 24, 2007 at 11:02 午後 グルメ・クッキング, 書籍・雑誌 |

2007年1月 2日 (火)

美しい国

安倍総理大臣が書いた「美しい国へ」を読みました。

20070102

彼と私の信条は異なることが多いと感じていますが、仮にも自分の住む国の総理大臣の考え方を記した本を一冊ぐらいは読んでおいた方が良いかと思いまして。

今年は、人の意見も良く聞き、自分の意見も素直に表現する一年にしたいと思います。

1月 2, 2007 at 11:44 午前 書籍・雑誌 |

2006年10月11日 (水)

睡眠不足

睡眠時間が極端に短い状態が続いています。

最近、読んだビジネス書には

「交渉など集中力が試されるような場面に、睡眠は絶対必要」

「目に睡眠不足が表れる」

などなど、詳細は忘れましたが、睡眠不足の仕事上の弊害が記されていました。

睡眠不足なのであって「不眠症」ではありません。

寝ようと思うば、3秒から10秒以内で眠りに就くことができます。

今日こそは、早めに休もうと思っています。

10月 11, 2006 at 09:17 午後 仕事・会社, 書籍・雑誌 |

2006年5月 8日 (月)

ビジネス書

時間が空くと、ビジネス書をよく読みます。

分かっていることを書いていることが多いのですが、確かに刺激になることも多いし、反省させられることも多いです。

今、読んでいるのは部菜壮一氏の書いた「社長、それは幹部の仕事です」です。

仕事の分担の基準についての筆者の見解が書かれています。

資金繰りの考え方についても参考になる部分もあります。

弊社は現在、ほぼ無借金状態なので、あまり関係ありませんが、将来に向けての投資も必要ですし、いろいろと考えなくてはならないこともあります。

もちろん、全て共感できるわけではありませんが。。。

会社は、生き物だと思います。

時代や現況に合わせて適切に「変化」し続けることが大切なのだと、改めて感じました。

旧態依然としていては、時代に取り残されてしまいます。

5月 8, 2006 at 10:31 午後 仕事・会社, 書籍・雑誌 |

2006年2月 6日 (月)

雑学

ちょっと変わった本を買いました。

20060206 「大人の新常識520」という本です。

要するに「トリビアの泉」みたいなものなのですが「どうして銀行のトップを頭取というのか・・・」などが載っています。

なかなか面白いです。

2月 6, 2006 at 09:57 午後 書籍・雑誌 |

2005年12月25日 (日)

漫画

「なにわ金融道」という漫画を推薦されました。

20051225 意外に、金融に関する知識がつくから・・・・・・・と。

子供の頃から漫画を読む習慣がないので、あまり気が乗らなかったのですが、読んでみることにしました。

買うのももったいないので、友人に借りて19巻まで全巻読んでみました。

確かに裏金融の事がいろいろと書かれてありましたが、知らないことは書いてなく、ビジネス書を一冊余分に読んだ方が、ずっと勉強になったような気がします。

12月 25, 2005 at 04:49 午後 書籍・雑誌 |

2005年11月 3日 (木)

ダ・ヴィンチ・コード

世界的ベストセラーとなった「ダ・ヴィンチ・コード」を読み終えました。

20051103 去年の年末から読み始めましたので、10ヶ月もかけてやっと上下巻読み終えることができました。

フィクションの小説なのですが、ここで挙げられている芸術作品、建築物、文書、儀式などは事実に基づいて書かれているそうです。

キリスト教徒なら、もう少し理解がしやすいかも知れませんが、私にとっては、とにかく難解な物語でした。

作者の「ダン・ブラウンのHP」には、この小説にあるような感じに仕立てられたクイズが書かれていまして、結構面白いです。

11月 3, 2005 at 08:34 午後 書籍・雑誌 |

2005年9月16日 (金)

信念

最近読んだビジネス書に「成功の法則」という記事が載っていました。

その著者の考えなのでしょうけど・・・それによると

第一に「精神力」

第二に「体力」

第三に「お金」

だそうです。

今、新しい事業計画が進行しています。

我が社にとって、かなりプラスになる計画ですから、一所懸命頑張っている最中です。

確かに「精神力」を持続させることが大切だと実感してきています。

9月 16, 2005 at 10:54 午後 仕事・会社, 書籍・雑誌 |